施設区分について

平成30年4月の介護報酬改定で施設区分が更に細分化されました。

「超強化型」「強化型」「加算型」「基本型」「その他型」の5種類に区分されることになりました。
加算型や強化型、超強化型は、厚生労働省が定める要件を満たした在宅復帰・在宅支援機能が高いと認められた介護老人保健施設のことです。

施設区分は、以下の10項目の実績に応じたポイント合計で区分されることになり、強化型に関しては10項目の実績に応じたポイント合計で60ポイント以上満たすことが条件です。

①在宅復帰、②ベッド回転率、③入所前後訪問指導割合、④退所前後訪問指導割合、⑤居宅サービスの実施数、⑥リハ専門職の配置割合、⑦支援相談員の配置割合、⑧要介護4又は5の割合、⑨喀痰吸引の実施割合、⑩経管栄養の実施割合

算定要件等

算定要件1
算定要件2
算定要件3
 

2019年度 在宅復帰施設区分

サービス提供月施設区分
1月加算型
2月 加算型
3月 加算型
4月 強化型
5月 強化型
6月 強化型
7月 超強化型
8月 超強化型
9月 超強化型
10月 超強化型
11月 超強化型
12月 超強化型

2020年度 在宅復帰施設区分

サービス提供月施設区分
1月強化型
2月 強化型 
3月 強化型 
4月 強化型 
5月 強化型